『Linux+Xenによるサーバ仮想化構築事例セミナー』講演資料公開

講師:日本仮想化技術株式会社代表取締役社長兼CEO 宮原 徹
概要:サーバ仮想化は、日々増え続けるサーバのランニングコスト増大を解決する手段として注目されています。その中でも「Xen」はオープンソースのサーバ仮想化ソフトウェアとしてLinuxとの親和性も高く、企業におけるサーバ集約の要として期待されています。

本講演では、LinuxとXenによる最新サーバ構築事例をふまえて、サーバ仮想化の設計、構築、運用での重要なポイントを解説します。

PDF 080825CaseStudySeminar.pdf (PDF形式 / 2.8MB)

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です