『仮想化技術フォーラム』のご案内

開催にあたり

肥大化したシステムの統合を実現するサーバー仮想化は、情報収集の段階から本格的な導入を検討する段階に来ています。しかしその一方で、事例などの情報が少ないことから技術的な側面での不安のためにサーバー仮想化の導入に踏み切れないことが多いのも事実です。

日本仮想化技術株式会社では、仮想化技術の利用を広げるために、我々の培ってきたノウハウを様々な形で皆様にご提供しています。その活動の一環として、仮想化技術フォーラムを開催いたします。

フォーラムの内容として、これまでほとんど解説されることのなかった仮想化環境の設計手法について解説します。また招待講演として、日本HP様から中規模以上の仮想化ソリューションのご紹介を、マイクロソフト様からは既存環境からの移行について解説していただきます。

サーバー仮想化を導入したいと考えている方にとって、必ず有意義な情報をご提供できる1日であると確信しております。是非ともご参加いただければ幸いです。

2009年1月吉日
日本仮想化技術株式会社
代表取締役社長兼CEO
宮原 徹


開催概要

日程:2009年1月30日(金) 10:00〜16:30
会場:銀座文祥堂イベントホール (地図)

(地下鉄銀座駅より徒歩2分・JR有楽町駅より徒歩7分、Apple Store Ginzaすぐ裏)

主催:日本仮想化技術株式会社
協賛:日本ヒューレット・パッカード株式会社
マイクロソフト株式会社
株式会社日立製作所
株式会社びぎねっと
セミナー受講料:5,000円(税込)

※当日会場受付にてお支払いいただきます

定員:100名

※定員に達し次第締受付を締切ます


プログラム

10:00-10:50

『サーバー仮想化再入門』

11:00-12:00

『仮想化環境の設計手法 〜プロのテクニック教えます〜』

12:00-13:00

昼食休憩

13:00-13:50 招待講演

『物理から仮想へ、そして、論理サーバへ

「HP Insight Dynamics-VSE」がもたらす

次世代データセンター・ソリューション』

14:00-14:50 招待講演

『マイクロソフトのサーバーの仮想化とP2V、

そしてこれから』

15:00-15:45

『Amandaを利用した仮想マシンバックアップ』

15:45-16:30

クロージングセッション (今後の仮想化の展望、Q&Aなど)

『サーバー仮想化再入門』(10:00-10:50)

サーバー資産の統合やシステム管理の効率化など、様々なメリットのあるサーバー仮想化について、基本的な考え方や技術について分かりやすく解説します。これからサーバー仮想化を検討される方にも、既にサーバー仮想化を始めている方にも役立つ入門セミナーです。

講師:宮原 徹(日本仮想化技術株式会社 代表取締役社長兼CEO)

『仮想化環境の設計手法
  〜プロのテクニック教えます〜』(11:00-12:00)

サーバー仮想化を行うためのシステム環境の設計は、従来のシステム設計手法とは異なる考え方が必要になります。本セミナーでは、仮想化環境設計の基本的な流れと、設計上重要なポイントについて、プロのテクニックを伝授します。

講師:宮原 徹 (日本仮想化技術株式会社 代表取締役社長兼CEO)

招待講演

『物理から仮想へ、そして、論理サーバへ
「HP Insight Dynamics-VSE」がもたらす次世代データセンター
・ソリューション』(13:00-13:50)

HPでは、物理サーバや仮想サーバの構成・変更・移動などを物理サーバ、仮想サーバをということを意識せず、論理サーバというコンセプトを元に、統合管理できるソフトウェア「HP Insight Dynamics-VSE」を提供しています。

システムリソースの効率的な利用を追及し、IT管理者の工数削減を目的とするキャパシティプランニング機能などシステムコンソリデーションの際に最適な仮想化ソリューションを搭載した「HP Insight Dynamics-VSE」のコンセプトと機能を紹介いたします。

講師:赤井 誠 (日本ヒューレット・パッカード株式会社 エンタープライズストレージ・サーバ事業統括 ISSビジネス本部 ソフトウェア・プロダクト&HPCマーケティング部 担当部長)

招待講演

「マイクロソフトのサーバーの仮想化とP2V、そしてこれから」(14:00-14:50)

サーバーの仮想化Hyper-V の認知度が高まりつつある中、その容易さを改めてご認識いただくと共に、既存環境からの移行方法をデモを交えてお伝えします。また、まとめとして、マイクロソフトが何故仮想化に取り組みこれから何をしようとしているのかについても触れたいと思います。

講師:高添 修 (マイクロソフト株式会社 デベロッパー&プラットフォーム統括本部 エバンジェリスト)

講演者ブログ: http://blogs.technet.com/osamut/

『Amandaを利用した仮想マシンバックアップ』(15:00-15:45)

仮想化環境によるシステムの集中化により、バックアップはその重要性をさらに増しています。

本セッションでは、フリーのバックアップユーティリティ「Amanda」を利用したバックアップの方法について、弊社導入事例をふまえて具体的に解説します。

講師:大内 明 (日本仮想化技術株式会社 技術部)


お申し込み方法

  1. 以下の申し込みフォームからお申し込みください。
  2. 自動返信を以って受付完了とさせていただきます。
お申し込みはこちら

申し込みは締め切りました。

【キャンセルに関して】

ご参加出来なくなった場合には、セミナー事務局 (seminar[at]VirtualTech.jp)までご連絡ください。


お問合せ

日本仮想化技術株式会社(VTJ) セミナー事務局 : Eメール (seminar[at]VirtualTech.jp)

LINEで送る
Pocket