TechTargetジャパンで連載中 〜第2回〜

TechTargetジャパンで『運用管理ツールから見るサーバ仮想化製品』と題して記事の連載をしています。第2回が掲載されています。

【第2回】:VMware vSphere 4の価値を最大化する管理ツール「vSphere Client/vCenter Server」(宮原 徹,日本仮想化技術株式会社)

■VMware製品群を製品とオプション機能で整理しよう
 ヴイエムウェアの製品は多岐にわたるため、名称と内容が正しく理解されていないことが多い。これは「VMware vSphere 4」(以下、vSphere 4)のような複数の製品から構成されるソリューションパッケージの名称と、「VMware ESX」「VMware ESXi」「VMware Server」などソフトウェアの製品名、そしてVMotionのようなオプション機能の名称などが入り交じっているからだ。まず、これらの名称について整理しておこう。(続きはこちらから)

(TechTargetジャパン 2010年5月24日付)

【第1回】:まず押さえておきたいサーバ仮想化導入のポイント

LINEで送る
Pocket